只今、リハビリ中。

ずっと、愛用していたツイッター。

面倒臭い人に絡まれて。
ブロックをかけて、もう一つの小さな鍵付非公開アカウントに避難してたんだけど、あまりにしつこくグチグチ云ってるようだったので(風の噂で知り)、もう全てが嫌になって『ツイッターやめるっ!』って勢いで、ツイッターの全アカウントを削除。

一時避難していたアカウントも削除。

とりあえず沸々とした想いだけ、呟ける場所は欲しくて、ひっそりアカウントを開設。

~って、作り直しも実は結構大変で。

四苦八苦しながら、何とか新規作成。

今迄のお友達もどれくらいまで繋がろうか迷いながら。。。

これまでアカウントのお引越し~の際には、それまでお付き合いしていただいてたお友達を一通りフォローしたりして繋がってたんだけど、今回は勢いでバックアップ等も考えずに削除したっちゃので、繋がっていたいお友達自体を探すのも一苦労で。

+*+*+*+*+*+

ただただ、自分の想いを呟きたいだけなのに。

その呟きに文句を云われるなんて。

自分のツイッターなのに。

+*+*+*+*+*+

自分の想いをある程度出し切ってしまわないと、出せなかったりすると、結局ずっと悶々沸々してしまうから。

別に聴いて欲しい訳じゃなく、ただ、つらつらと書き出したくて。

今迄それをして、すっきりさせてたから。

そのスタイルは変えたくない。

わかっていただけるお友達と再会。

しばらく、気持ちが落ち着くまで。

もしかしたら、もう、ずっと新しいこのアカになるかも知れないけど。

ココロのリハビリ。

致します。

夜逃げ出来る程の鞄の中身

普段から、私の鞄は『重い(苦笑)、何入れてるの?』と、不思議がられているのですが、逆に他の人は鞄に何を入れてるんだろう???と、気になります。(笑)

私の鞄の中身は、
・長財布
・小銭入れ
・カードケース
(クレカ・キャッシュカード・ETCカード)
・パスケース
(免許証・PASMO)
・通帳
・パスポート
・年金手帳
・印鑑
・医療系ケース
(保険証・お薬手帳・診察券)
・スマホ
・ガラケー
・名鑑
・ほぼ日手帳
・A6ノート手帳
・筆記用具
・化粧ポーチ
・汗拭きシート
・水筒
・スマホ充電コード
・ご朱印帳
・ハンカチ
・ティッシュ
・おしぼり
・マスク
・エコバッグ
・未使用レジ袋
・方位磁針
・笛
・鍵

それから、
夏には
・日傘
・日焼け止めクリーム
・クールベルト
・虫除けバンド

冬には
・カイロ

が加わって。

とにかくこの鞄さえ持っていれば、どこにでもいける(苦笑)、夜逃げだって出来る(爆)程なのですが、
ツイッターでみなさんの話を聴いてみると、みんなシンプル❣️

羨ましいくらい。

みんなお家に置いておいて、不安じゃないのかなぁ???と、気になりますが、もちあるいてる方が不安、と云う意見も貰って。

少し鞄の中身を断捨離するとこにしました。

お留守番は
・通帳
・印鑑
・パスポート
・年金手帳
・医療系ケース
・A6ノート手帳
主に貴重品類。。。

これでかなり少なくなりました❣️

ご朱印帳は最後まで悩みましたが、お護りとしてと云う気持ちもあるので、そのまま鞄の中に。。。

大分、軽くなりました?(笑)

田舎を出てなお、田舎で暮らしたいと想ふ。

都会に住んでる人間が田舎に住みたいなんて、田舎のことを知らなすぎでしょ・・・って、現在、田舎に住んでらっしゃる方にはそう想われるかも知れませんが、私自身、全く田舎を知らない訳ではありません。

私は前の結婚で約13年、田舎暮らしをしていました。

当時は、僻地と呼ばれるような地域、山の上に30軒程の集落、小学校まで歩いて山を二つ越えて一時間、最寄りのコンビニまでは車で20分(山を下ります)、街中までも車で30分、医療機関も車で30分、・・・な処に住んでいました。

雪で車のエンジンが止まって、坂道をすべり台のごとく滑り落ち、池の柵(ガードレール)寸前でようやく停車~という怖い経験もしました。

かつて嫁の立場で見ず知らずの土地へゆき、田舎とは何ぞや~という経験をたっぷり味わい、離婚と同時に離れてしまいましたが、離れてもなお田舎が良いなと。

一緒にいるのが前夫でなければ、ずっとそこに住んでいたかった・・・と、想うほどです。

住むことになったきっかけは、元義父が亡くなり、元義母が一人住まいになったことをうけて。

医療機関まで時間がややかかることが、一番のネックでしたが、そこに住まう人達がいるのだから、住めないことはない、欲しいものは今はネットで手に入る✨、人は死ぬ時は死ぬ、と考えました。

夜は星を見上げ、そして、季節を感じながら朝を🌄迎える。。。

また、そんな生活を、今度は本当に大切な人と一緒にしたいな・・・と。

自然の中で。彼と笑いながら生きていきたい。

いつか、田舎暮らし。

将来、田舎の(出来れば)古民家で暮らしたい~というのが、私達の夢です。

今は、『​月刊ふるさとネットワーク​』と『​田舎暮らしの本​』という雑誌を定期購読しながら、希望に叶うような物件探しをしています。

毎月、月初めにそれぞれ届くのが楽しみで、彼と二人で、ページをめくっています。

​月刊ふるさとネットワーク​』には、先に移住を果たした方々の体験談やコラムがあり、様々なご苦労や、叶えたこととか、とてもリアルに綴られていて、とても参考になります。

なので、読者の私達も遠い夢物語ではなく実際問題として、考えることが出来るのが、有り難いなぁと想います。

『​田舎暮らしの本​』は、毎号色々な特集が、「自然菜園」とか、「60歳からの田舎暮らし入門」とか、とじ込みで組まれているのがとても楽しみです。

こちらの雑誌はカラーなので、建物もイメージしやすくて♪

彼の希望は土地が広いこと。
(愛車が全部保有出来るように♪笑)

私の希望はなるべくこじんまりとした建物であること。
これから二人で住まうなら、そんなに大きな建物でなく、管理も楽な小さな建物で良いと。
掃除が楽な方が良いし。
強いて云えば、子ども達がもしかして遊びに来てくれたら、寝られるくらいのゲストルームがあれば良いかな〜と。

ただ、彼はこれから事業を起こしたいと考えています。
その事業をどこで起こすのか?

その場所によって、これからの住まいも決まってくるのではないか?

逆に、気に入った物件から、事業を考えていけるのか?

実現させるには、まだ、詰めていかなければならないことが色々ありますが、叶いそうな物件をみて、目を肥やしていくのも良いですよね?

​​​​

ほぼ日手帳2019~私達が毎年購入するカバーは

手帳の季節になりました♡

私達が愛用している『ほぼ日手帳』は、9月になると来年の手帳が販売されます。

そして、8月の下旬にはラインナップのお知らせが届きます。

そのメールがきたら、ワクワクして『ほぼ日』サイトにお邪魔。
来年のレッド系をチェックします♪

2014年から使いはじめた『ほぼ日手帳』。

彼が「勝負の赤」と『赤』を意識していて、毎年「カラーズ」のレッド系をお揃いで買っています♡

2014年、
最初に買った「つばき」♪







ほぼ日手帳2014 ラインナップ >>

2015年は、カバーがまだ綺麗だったので、「つばき」を繰り越ししました。

ちなみに、2015年のレッド系は「りんご」。







ほぼ日手帳2015 ラインナップ >>

毎年、素敵な『赤』が発表されますが、カバーオンカバーを使っていることもあり、1年ではそう汚れないので、2年に1回買い替える感じて使っています。

2016年は「フランボワーズショコラ」を購入しました♪







ほぼ日手帳2016 ラインナップ >>

そして、2017年♪「チェリーピンク」♡







ほぼ日手帳2017 ラインナップ >>

2018年は2017年のカバー「チェリーピンク」をスライドさせました。

ちなみに、2018年のレッド系は「ラズベリー」。







ほぼ日手帳2018 ラインナップ>>

そして、そして、いよいよ2019年♪
2019年のレッド系は「ベリーベリー」♡







シックな感じが素敵です。
2人でお揃いで使う場合、明るい赤より、渋めの赤の方が男性も使いやすいかも。

人気のカバーは即日完売してしまうので、気に入ったデザインがみつかったら、是非、要チェックです!

私達も発売日に即購入しました。

今から使うのが楽しみです!

10月1日、11時から販売開始される「ドラえもん」カバーもあります♪

ほぼ日手帳2019 ラインナップ>>

手帳と云えば、元々、私はこの本の↓
『情報は1冊のノートにまとめなさい』

情報管理術を参考に、数年、A6のノートを手帳として使っていました。

何でも、時系列でノートにメモしたり、貼り付けたり♪
記念にとっておきたい入場券とか、映画のチケットとか、レシートとか・・・とにかく、何でも貼り付けて、記録していました。

その後、息子の学校でPTAの役員をすることになり、スケジュール管理の必要性も出てきて『ほぼ日手帳』に切り替えました。

で、ハマるととことんハマる性格上、みなさんがどんな使い方をされているのか知りたくて、見てみたくて、歴代のほぼ日手帳公式ガイドブックを買いあさり(爆)

そもそも、『ほぼ日手帳』ってどんなもの?

手帳の種類は、大きく分けると4タイプあります。
1日1ページ書ける文庫本サイズの「オリジナル」。
A5サイズの「カズン」。
週間タイプの「weeks」。
英語版の「Planner」。

さらにオリジナルとカズンには、半年タイプの分冊版「avec(アヴェク)」もあります。

書き込みやすさ、様々な使い方が出来る自由度の高さなどが人気のヒミツ♪

『ほぼ日手帳』は日本のみならず、世界84の国や地域で愛用されているんだそうです!!

『ほぼ日』持って海外へ行ったら、共通の話題で親しくなれるかも?(笑)

糸井重里さん主宰のウェブサイト、「ほぼ日刊イトイ新聞」のオリジナルグッズとして、2001年に誕生し、2019年で18年目を迎える『ほぼ日手帳』♪

年を追うごとに使う人の数が増えていき、使う手帳の数だけ使い方があり、公式ガイドブックも誕生しました。

2016年は61万部販売だそうです。

年々ファンが増えていきますね♪

みなさんは、どんな手帳をお使いですか?

子どもが出来たら・・・

もし、子どもが出来たら・・・

別居婚の私達・・・子どもが出来たら・・・どうなるのか。。。

彼は、このままの生活(仕事)を変えず、別居で自分(彼)が赤ちゃんを育てる~と云ってるんだけど、私は赤ちゃんは2人で育てたい。私も一緒に育てたい。彼と一緒に育てたい。~と想ってる。。。

そもそも、なんで別居かって云ったら、お互いの仕事(収入源)をかえられないことが大きい訳だけど、もう一つ、子ども達のこと。。。

次女と三女は「結婚してもいいよ」と云ってくれたけど、長女と長男は反対したまま、それっきり話も出来ずにいて。
この春、籍をいれたことも、子ども達にはまだ話せていない。
隠している訳ではないのだけど、子ども達に話せば、芋づる式で実母に伝わるだろうから。

実母を説得しようとか、理解してもらおうとかは一切想ってないけど、グチグチ云われるのが、今は面倒臭くて。

実母に伝われば必然的に仕事も辞めなきゃだし。

実際問題、今のお互いの収入で、今のそれぞれの生活が成り立ってて。
車のローンや、学費も返済中で、私の収入が途絶えたら・・・現実問題として、破産しかないかなくなるかなって。

だから、今はまだ仕事も辞める訳にはいかず、子ども達には話せずにいる訳で。。。

まずは『結婚』というハードルがクリアされなければ、その先にすすめないんだけど、実際はクリアされてない。。。

勝負に出るには、私自身が以前のように、自分で収入を得ることが出来るようになること。

その為には、目標をもって、覚悟してやらなくては!

私の妊娠可能な賞味期限は、刻々と近付いているのだから、いつ子どもが出来ても良いように、本当は今すぐにでも辞められるように、しておかなくては。

喜ばしいことなのに。

一昨日の昼、突然職員が辞める話が出て。

理由は、出来婚。

DVでお子さん連れて離婚してて。
その後、お付き合いしてる方がいたそうで、つい最近、妊娠6ヶ月で気付いた~と。

それで、『結婚します。子ども出来ました。辞めます。』と。

結婚も、妊娠もおめでたいことなのに、あまりにも突然で、またそれ以後の勤務態度も、体調の悪さもわかるけど、全くやる気なしで、周りの士気を下げるような態度で。

何だかとってもがっかりで、残念な感じで、フォローのしようがなく。
後味も悪く。

~な、ことがあったのだけど、ゴシップ大好きな実母がスルーするはずもなく。

『子どもを放ったらかしにして、男と遊び歩いて、挙げ句の果てには子ども作って辞めるなんて』と、影でデスりまくり。

ちゃんとお子さんのことはがんばってたのに、そんなつもりで(子どもを蔑ろにして)お付き合いはしてなかっただろうに。

まぁ、自分と、
子連れ再婚して子どもをもうけた亡き母(祖母)に自分は捨てられたと想いこんでること、更に自分の生き方、自分は再婚せず女手一つで子どもを育てた、子どもを捨てなかったということ、とを重ねるんだろうなと。

ただただ、胸糞悪い。

そんな中、

昨夜、彼と食事して、
相変わらず歯が痛くて辛そうだったから「電車で帰るね」と、駅まで送ってくれた彼と別れ、駅の階段を駆け足で上って電車に飛び乗ったら、兎に角、気持ち悪くて気持ち悪くて⤵️

次の駅で降りて、フラフラしながら、ベンチに腰かけて休んで。

この感覚、以前、彼との子を授かった時、帰りの電車で気持ち悪くなった感覚そのままで。。。

頭は真っ白、何も考えられず、ただ、駅のベンチに座って、必死に彼に電話して。

心配した彼も「もしかして出来たか?」って。
私も頭によぎった、もしかして。。。???

とりあえず彼が迎えに来てくれて、そのまま彼の家で休んで。。。

出来たのかな?って二人で想像しながら。

「出来てたらどうする?」って聴いたら「勿論産むよ!」って答え。

それは私も同じ想いなんだけど、問題はそこじゃなくて、聴きたかったのはこれからの暮らし方。

子ども達のこと。
仕事のこと。
私の借金(学費のローン諸々)、
彼の借金(車のローン諸々)のこと。

彼の収入だけじゃとても無理な現状で、私が仕事出来なくなったら・・・

出来たか?って想い巡らせても、生理の予定は来週だし・・・

彼と食事して、彼は大丈夫で私がダメだとしたら、・・・私が食べた、一週間前に賞味期限が切れてるポテトサラダか?
(彼は期限切れのものは絶対に食べない。笑)

でも、期限切れが原因なら、ムカムカよりは腹下すでしょ?

・・・考えを巡らせて、とりあえず、ポテトサラダの食べ過ぎが結論💧

このタイミングで、妊娠してたら(実母のことを)考えただけでメンタルやられる。

それに、考えなくちゃならないこと、
山積みだし。

云わない方がいいこと。

先日観たテレビで
ワンオペ育児をされてる奥さんが
孤独に耐えかね、
親身に相談に乗ってくれていた
男友達と、ある日ベッドを共にしてしまい、

その後、そのことで良心の呵責に苛まれ
ただただ夫に申し訳なく、
懺悔の想いで、夫に事実を告白。

・・・告白された夫は、

表向きは妻を許し、
悩んでいた妻を献身的にサポート・・・
と、理解ある夫を演じていたが、
実は妻を許していた訳ではなく、
裏切った妻を憎み、
その後、妻を殺害してしまう。。。

更に、夫も実は不倫をしていた〜と云う
どっちもどっちなエピソードが
放送されていました。

**********

もし、相手に対して
してはいけないことをしてしまい
自分が良心の呵責に苛まれてしまったとしても・・・

ソレは絶対に相手に云うべきではなく、
一生、自分の中に秘めて
墓場までもっていかなければいけないと想います。

いくら自分が申し訳無く想い、
黙っていることが苦しくても・・・

相手に懺悔する~のは・・・

一見二人の為、
相手に隠しごとをしない
正しいことのようにも想えるけど、
実は告白した自分の為以外にありません。

告白した方は謝ることで
気持ちが楽になりますが、
告白された方にとっては
新たな苦しみが始まります。

知らずにいれば苦しむことの無かった、
相手を信じることが出来なくなる苦しみです。

自分は何も悪くないのに、
相手によって苦しめられます。。。

また、同じことをされるのでは・・・と、
疑心暗鬼になります。

常に相手に疑いの目をむけてしまう、
何かあるとフラッシュバックしてしまう、

本当はそんな気持ちになりたくないのに。。。

下手したら一生・・・です。

自分が告白することで、
逆に相手を一生苦しめることになるのです。

相手のことを大切に想うのなら、
相手を失いたくなければ、

自分の過ちは自分の胸の内に留め、
決して相手に告げてはいけません。

自分の苦しみは自分で背負い、
決して相手に背負わせてはいけません。

過ちを犯された上に、
更に苦しみまで与えられるなんて。。。

真っ平、ご免です。

夜のデート。

今日は彼がコッチに来てくれました。
凄く凄く嬉しい。

逢えたら良いなって、想ってた。
凄く凄く逢いたくて。

日曜から私が実母と暫し帰省するから
彼とは暫く一緒にいられないし。

最初は『ガッチャンの散歩に行こう』
だったけど、ご飯食べに行こう♡って。

Zから12SRに乗りかえて
ご飯を食べに行きました。

彼と一緒に食べるご飯は何でも美味しい♡

今日はもんじゃじゃなく
丸亀だったけど、
帰りにアイスも一緒に食べました♪

Zじゃ何も食べれないから(笑)

ずっとずっと一緒に居れたら良いのに。。。

今日はキスもハグもなかったけど、
彼の手に触れたから♡

また、明日もがんばろ。。。